Gra:nna(グレンナ)へおでかけ その2

Gra:nna(グレンナ)へおでかけ その2

今回はグレンナの町とそこからヴェッテルン湖に浮かぶ小さな島へ
渡った記録を書き込みます。

グレンナという町に一泊して過ごしました。
この町はちいさなのんびとしたリゾート地。
e0106859_2116996.jpg
       坂の多い町。港へ向かう道です。

グレンナはポルカグリースという飴が有名なところでした。
町の中心地には何軒もこの飴屋さんが。
実際に職人さんの飴作りを見ることが出来ました。
いくつかのお店で少しずつ飴を買って味比べ。どこも甘くておいしい。
ちがい・・・、正直よく分かりません。
代表的な飴は赤と白の飴。味は結構独特。
そのほかにはハーロン味、ペーロン味、などのフルーツ系やチョコ味などなど。
甘いもののお店は見ているだけで、ほんわかと幸せ~。
ポルカグリースの学校もあるとか。
e0106859_2119744.jpg
        実際に飴を作っているところでした。熱いので手袋をつけて。
        愛嬌たっぷりの職人さんでした。
e0106859_21221020.jpg
       お店の中。色とりどりの飴がたくさん!

そして、グレンナ港から船で20分ほどいくと、ヴェッテルン湖にうかぶ島に渡れます。
島では実際に生活している人もいるので、教会や学校が。
この日は、結婚式もあっていました。
馬車に乗って、島内を観光しました。所要時間およそ1時間。
グレンナの町中よりもさらにのんびりムード。
e0106859_2124682.jpg
        島内巡り
e0106859_21245410.jpg
       動物もちらほら

この日はお天気がいまいちだったのが残念でしたが、もっと夏の暖かい日に
来たら、ゴロンと芝生に寝転がって、お昼寝したり本を読んだりするのに最高の
場所だろうなあと思いました。
スウェーデンの夏は最高に気持ちがいいですよ~。
[PR]
by tittut | 2007-06-25 21:31
<< 夏は美味しい! Gra:nna(グレンナ)という町へ >>