2007年 03月 02日 ( 1 )

スウェーデンのスーパーマーケット

スウェーデンのスーパーマーケットについて。
我が家が良く利用するのは
イメージカラーがレッドのICA、ブルーやグリーンのCOOPです。
そのほかにはHemko:pというスーパーもなどもあります。

スウェーデンの買い物袋は有料です。
ビニール袋1,5KR~2KR
紙袋 2KR~3KR
布製のエコバックもあります。

ここ数年の間でバーコード読み取りの機械を持って買い物袋に入れていき、
レジで会計するだけのところが多くなりました。
これはあらかじめスーパーの会員になり、申し込みしておきます。
入り口でカードを通すと、読取り機が自動で貸し出されそれを持ってお買い物。
カートを押して、袋を準備して、欲しい商品をピッピとバーコード読み、買い物袋へ。
会計が終了すると専用の有人又は無人のレジで支払いをすませ終了。
この方法は店側と顧客のモラルで成り立っているものだと思えます。
もちろん、店側は人件費削減に大きくつながっているのでしょうけれど。
時々、買い物したものを全てチェックするときがありますが、ほとんどはスルー。
一度に大量買いする人が多いので、以前はレジ前に長蛇の列でしたが、これで
顧客の時間削減にもつながります。
(意外と、野菜や果物は量り売りなので、ここで時間がかかるのですがね。)
e0106859_529782.jpg
バーコード読み取り機(CoopのHPから引用)


スウェーデンの消費税は25%(内税)です。
生鮮食品は12%になっています。

物価がいかほどかを表示してみます。1Kr=17円(2007年2月現在)
シャンプー・リンス 通常サイズ 一本30KR前後
オムツ 50枚程度 100KR前後
コーラー1,5L 15Kr
ミルク 1L 7KR前後
チキンもも肉 1キロ100Kr
野菜 にんじん、たまねぎ、ジャガイモなどは安価ですが、輸入物の野菜はお高め。
果物 オレンジ、リンゴ、バナナは年中あります。

野菜や果物は量り売りなので欲しい分だけ袋にいれます。
物価は日本と比べると高く感じるかもしれません。

スウェーデンの乳製品はパッケージがかわいいと評判ですが、確かに他の国よりも凝っているかも。
乳製品の種類も豊富です。
e0106859_5325642.jpg
乳製品のコーナー
e0106859_5332355.jpg
ペットフードのコーナー

スウェーデンのスーパーマーケットは広いです。
お買い物カートも大きいので通路も広い。
大きいスーパーだとホームーセンター(木材や家電など)にあるようなものもあります。
本やおもちゃ、衣料品、生花、食品以外のものも販売してあります。

一度入店すると何も買わずにレジ前はとても通りにくいです。
まあ、なにか買うものは必ずありますが・・・。
レジの特徴は、必ず、店員と顧客が”Hej"と挨拶を交わすこと。
店員は座って清算しています。
顧客は買ったものをレジに一点ずつならべ、清算してもらいます。
慣れてしまうとなんてことないのですが、時々日本へ帰国すると
丁寧すぎてスーパーのレジの方に恐縮してしまいます。

スーパーの中には郵便局の業務を委託で請け負っているところも多いです。
切手類の販売、郵便物の発送業務、郵便物(小包等)の受取など。
なので、買い物に行くついでに郵便物を発送することができて割りと便利です。

缶・ペットボトルの回収機
スウェーデンの飲料にはあらかじめデポジットがついていて、飲み終わってこの機械にいれるとクーポンがでてきます。↓このマシーンです
e0106859_5345699.jpg


e0106859_537421.jpg

子供の車がついたカート。これに乗せてお買い物すると子供もゴキゲン!

スウェーデンはあまり外食をしない国です。
なので、スーパーマーケットは一番よく行く場所でもあります。
スウェーデンのスーパー、機会があれば是非覗いてみてください!
[PR]
by tittut | 2007-03-02 05:44