2007年 08月 23日 ( 1 )

スウェーデンの臭い缶詰

スウェーデンの臭い缶詰

Surströmming(シュールストローミング)という缶詰をいただきました。
世界でもっとも臭い缶詰といえばご存知の方も多いのでは。
ニシンを塩付けにして、缶の中で発酵させた食べ物。発酵のために缶が膨れ上がります。
e0106859_703528.jpg


もともと、スウェーデン北部で食べられることの多い缶詰で、スウェーデン人に聞いてもみんなだれもおいしいとはいいません。しかめっ面になる人多数。
ちょうど数年前、移住したのが夏だったのですが、ある日の夕方、外を歩いているとすごい匂いが漂ってきました。そのときの匂いがあまりに強烈だったためにとても自分ではこの缶詰めを手に入れる気にはなりませんでした。
スーパーにいけば、普通に手に入ります。缶が膨張しているのですぐに見つけられると思います。

先日、友人宅でこの缶詰を開封する機会がありました。
もちろん、開封したのは私ではありません。
が、この場に居合わせるのが恐ろしかったのはいうまでもありません。

開封時はコツがあって、普通の缶詰のように開けてはいけません。
ボウルに水を入れて、ビニールをかぶせ、水の中でゆっくりと開封します。
発酵した液が勢いよく飛んでくるので、水の中ですると匂いが抑えられます。
e0106859_7167.jpg


クネッケブロッド(硬いパン)にバター、ポテト、オニオン、ニシンをのせていただきます。
まわりの皆は思ったよりも食べれると言っていましたが、私はなんともいえない味にリタイア。
腐ったゴミ、下水の匂いといえばわかってもらえるでしょうか。
なにはともあれ、すごいです。

開封した場所はもちろん屋外です。種類によって匂いの強さが異なるようです。この缶は匂いはやさしいほうだそうです。

スウェーデンで機会があればどうぞ!とは、あまりいえない臭い缶詰の話でした。
[PR]
by tittut | 2007-08-23 07:10