カテゴリ:未分類( 25 )

保育園について

我が家の最近のニュースは息子が保育園に通い始めたこと。
ということで、私も初めての体験なので感じたことを記してみたいと
思います。

スウェーデンでは1歳過ぎた子供は希望すると保育園へ行けます。
保育園をコミューンに申し込み数ヶ月。
希望の保育園の空きを待つのに結構な時間がかかりました。
というのも、最近はベビーブームで我が家のような小さな町でも影響があるようです。

初めて下見に訪れたときは息子以上に私もとても新鮮でした。
ご近所とはいえ、子供がいないときは保育園へいく機会はありませんでしたからね。

息子が通う保育園は、園内に入るとそれぞれクラスごとに入り口(玄関)が分かれていて
広めの玄関にはそれぞれのコート掛けや棚が。
奥には子供用のトイレ・手洗い場・おむつ台などがあります。
一クラスに教室と食堂の二つのスペースがあります。
教室は歌を歌ったり、本を読んだり、おもちゃで遊んだり、お昼寝のスペースも兼用。
食堂はキッチンとテーブル。食事をしたり、絵を描いたりしているようです。
さらに隣接した部屋にはアトリエ室と室内遊び場があります。こちらは共有スペース。
冬が長いスウェーデンは室内遊びも充実していて、滑り台やマット、ボール遊びも充分できます。
共有部分を挟んで、反対側にまた別のクラスがあります。

息子のクラス(1歳~3歳児)は一クラス14人。先生が3人。
とはいえ、毎日全員が揃うことは稀なようで大体10人前後がやってきています。

上記は息子の保育園の場合ですが、スウェーデンの保育園は大体このような形態だと聞いています。

外遊びも盛んで、雪が積もってマイナス10℃でも毎日外へ出て遊んでいるようです。
敷地内は森を切り開いたような所なので、自然の中に園があり、木や岩盤が遊び場の中に活用されています。

毎日、基本的に自由に遊んでいるようですが、教育方針が園でそれぞれあるようです。
息子が行く保育園も一週間で教育プログラムが一応はあるよう。
お話を聞いたり、歌を歌ったり、お絵かきしたり、運動したりといった基本的なことですが、
遊んでいる中で先生方がサポートを上手くやってくれます。
園児数に対して先生の数が多いので、よく子供のことを観察しているなあと思えます。
クラスごとに入り口が分かれているのも、親と子がここで一時別れ、そしてお迎えするコミュニケーションの場、そして、親と先生とのコミュニケーションの場にもなっているようで、この場での親と先生のやりとりが重要だと園の方針に記されています。おかげで、お迎えに行っても今日はどうだったと詳しく説明してくれるのでまだ語れない息子の様子を知ることができるので安心します。
なによりも、褒める保育をしてくれるので、親も褒めてもらえると子供ががんばったんだなあとうれしくなります^_^(親バカですが)
スウェーデンの教育方針でよく聞くのが男女の差をつけることなく育てるということ。
息子が通う保育園も同様で、男児がおままごと遊び、女児が大工遊びをしても普通のこと、子供が興味を持つものを与えるべきだという考え方のようです。大人の感覚で決め付けてしまうのはやめましょうということ。

まだ、始まったばかりの息子の保育園生活なので私も知らないことがたくさんですが、これからこの場を通してどう成長してくれるか楽しみです。

ちなみにスウェーデンの育児のための両親休暇は480日。
保育料は両親の収入で決定されます。(残念ながら無料ではありません)
子供手当は子供一人あたり毎月1,050KR支給(16歳未満まで)されています。
e0106859_1810219.jpg
            室内の遊び場。体を動かして遊びます
e0106859_18105221.jpg
           保育園までの道のり。至る所に自然がいっぱいです。
e0106859_18112130.jpg

[PR]
by tittut | 2007-01-26 18:20

パッケージの色使い


ふと気付くこと。
スウェーデン暮らしを始めて5年。
慣れてくると気付きにくいもの。それはパッケージなどの色使い。
移住した頃は何もかもシンプルでかわいく目に入るものが新鮮だったのに、最近はめっきり感じなくなってしまいました。
初心に戻るべく、あれこれ身の回りのものを見回してみました。
日用品のパッケージ。
食品や生活用品などはもちろんカラフルでかわいいです。
e0106859_23365432.jpg
冷蔵庫にある食品

e0106859_23374191.jpg
石鹸や洗剤類


郵便局の切手は種類も豊富で、デザインがおしゃれ。
コミューンの印刷物や企業からのDMもおしゃれなデザインで結構好きです。
国が経営する薬局や酒屋のデザインもシンプルでおしゃれ。
公共機関のネームロゴ(文字フォントなど)も何気にかっこいい。
スーパーなどもテーマカラー(赤やブルー)があったりと。
お店のラッピングもカラフルで派手なものが多く、リボンもたっぷり使って包みます。(割とシンプルでない!)
e0106859_23423438.jpg
郵便局の案内と切手

e0106859_23431744.jpg
リンドベリィ展の冊子、コミューンの学校案内等


一見、モダンでシンプルなデザインが多いと思われるかもしれませんが、伝統的なデザインが残っているのもスウェーデン。
古いものを大事にする部分もあれば、そんなに買い込んでどうするの?!というくらいIKEAで大量買いしているのも事実。

スウェーデン人宅を訪問すると、スウェーデンだなあと感じる。何が違うの?
ひとつはいつも掃除が行き届いているところ。そして、家具の配置がおしゃれ。
自分がお店でみて絶対買わないようなものを彼らは買い、それを上手くディスプレイして、それがおもしろいくらいにピッタリとしていたりということも。
また、物を増やさない生活が上手い。増えたら、物をすんなりと処分できる人たちが多いように思えます。
リサイクルやオークションを利用し、いらない物、使わない物は潔く処分しているのです。
処分といってもゴミとして捨てるのではなく、できるだけ他で再生できるような方法を考えているのもエコを意識した国だからかな。

最近はアンティーク市場も人気ですね。私も時々アンティークショップやロピスという蚤の市(ガラクタ市かも。。)を巡るのもスウェーデン生活の楽しみです。

北欧訪問される方にとって、北欧ならではの色使いを発見するのも楽しいでしょうね。
北欧でも、やはりお国が変わるとデザインや色使いが様々なので私もお隣の国を旅行するのは楽しみです。



毎年、冬のスウェーデンは寒くて、暗い。なのに、今年は雪がない!雪景色やろうそくの灯りといった自然の色がここで暮らす人たちの心を癒してくれているのに。雪がなくては”スウェーデンの冬”の雰囲気がなかなかでません。
数年前の湖上。
スケートができるくらいカチコチ。青空と真っ白な雪景色と澄み切った空気。
こんな自然からいろいろなデザインやアイデアをスウェーデン人は得ているのかもしれません。
e0106859_001041.jpg

ひさしぶりにのんびりと色使いやデザインを日々の生活から探すのもいいかもしれないなあと思う今日この頃です。
新しい何かを発見できるかも~。
[PR]
by tittut | 2007-01-15 00:08

木のおもちゃの魅力

スウェーデンといえば、木製の物が日々の生活で溢れています。
家具だとシンプルだけど、ドッシリ、しっかりした作り。
台所用品などの雑貨だと、形が繊細で温かみがあったり。
もちろん、家もたくさんの木が使われていて、自力で家を建てたり修理したりする人も多いです。
木の種類も豊富で、スウェーデン人は木の種類についても詳しく、
”これは○○で出来ている”とよく説明してくれるけれど、聞いている私はちんぷんかんぷんなのがほんとうのところ。

生活しているなかであらためて魅力を感じるのが、子供に与えている木のおもちゃ。
北欧の木製おもちゃは日本でも有名になっているようですが、こちらスウェーデンでももちろん使われています。

昔からある素朴なおもちゃが、色やデザインなどは変化しつつも、基本的な遊び方は変わっていないアイテムがたくさんあります。
大人達は子供へ木のおもちゃを与え、それらは生活の中に自然と溶け込んでいるように思えます。

e0106859_092917.jpg
有名なBRIO社。スウェーデン皇室御用達は有名ですね。
作りもしっかりしていて、木製レールを中心に種類も豊富。今年はあらたに種類も増えました。安心して与えられるメーカーです。

e0106859_0104615.jpgMICKI社 
BRIO社と並んでこちらも有名。BRIOに比べ製品の種類は少なめ。
MICKI社は木とプラスティックやゴムなどを合わせ製品にしているものが多いようです。
クマのキャラクターがトレードマーク。
e0106859_013416.jpg
こちらは、前回紹介したクリスマスマーケットで見つけた手作りの木のおもちゃ。
クリスマスらしいおもちゃではないけれど、我が家のおチビもとっても気に入ってくれました。
バナナが乗り物になっています。作った職人さんが自ら販売していました。もちろん、安全面も考慮してあり、塗料や誤飲の心配もない。3年保障もついています。
BRIOやMICKIなどの既製品にはない手作りならではのおもちゃです。
e0106859_0212983.jpg
木製のパズルもよく見かけるアイテムです。メーカー問わず、いろいろなものがあります。
小さなつまみが付いているので、それを手でつまみ型あわせ。

我が家のおチビは木のおもちゃが大好きなようでよく遊んでいます。
今年のクリスマスプレゼントは木製レールと積み木をセレクト。
あれこれとお店で検討し、結果、やはり木のおもちゃになってしまいました。
そうそう、スウェーデンの有名なお馬さん(ダーラヘスト)ももとは子供のために作られたおもちゃだそうです。

スウェーデンの冬は寒くて暗いですが、良いところはたくさんの木々に囲まれて自然がたくさんあるということでしょうか。
我が家の周りにもたくさんの木々があり、季節ごとにいろいろな表情をみせてくれます。
そして、時にはひょっこりと野うさぎやリス、シカが現れたりも。
人々の生活に木々は欠かせないものなのです。そして、緩やかな時間を過ごすことができるのも多くの自然があるからのように思えます。
e0106859_0281726.jpg←2005年12月下旬
e0106859_0284427.jpg←2006年12月25日 




※写真は我が家からの風景。
今年は暖冬でホワイトクリスマスになりませんでした。。。
[PR]
by tittut | 2006-12-26 00:47

スウェーデンのクリスマスマーケット

今年もあと少し,一年って早いですね。
この時期といえば、やはりクリスマス。スウェーデンではクリスマスのことをJUL(ユール)といいます。
町はクリスマスの準備で賑わってきました。
私もこの時期になると毎年ワクワクしてきます。

先日(11月下旬)、スウェーデンのクリスマスマーケットへ行ってきました。
このマーケットへ行くのは去年に続いて2回目です。
ストックホルムからクルマで一時間弱の田舎のお城で開催されました。
これはスウェーデン各地で開催されているクリスマスマーケットの中でも、規模の大きなものだとか。
こんな田舎にどこから来たの?というくらい人が集まっていました。
昨年は週末に訪問し、長蛇の列に疲れたので今年は平日に休暇をとって出かけてきました。

このマーケットは主にクリスマスを中心としたスウェーデンの手工芸品がたくさん。
職人さん自ら販売していたりで、雑貨好きの私にはとても楽しいものでした。
手工芸品の出店数も多いので一度に各地のものを見ることができるのはなおうれしい。
ゆっくり見てまわると丸一日はかかるかも。
定番の木製のバターナイフから、ウールの服や帽子、クリスマスのリースや人形、ロウソク、革製品。
食品はクリスマスのお菓子やお茶、チーズやお肉、お魚などなど。
手工芸品はひとつづつ職人さんのこだわりがあるので、暖かみがあってなんともいえません。
訪問したら必ずひとつはお好みのものが見つかるはずです。もちろん、私も見つけましたよ~。

そして、もうひとつのお目当てはお城内のカフェ。これが大人気なのです。
昨年はあまりの列に並ぶことを断念したので、今年はこのカフェを楽しみにしていました。
お店に入ると、すてきなクリスマスのテーブルコーディネート。圧倒的に女性が多かった。
これはどこの国でも同じですね^_^
カフェ内にはケーキやクッキーがいっぱい。
スウェーデンで一度にたくさんのケーキや種類をみることは
稀なので、どれを選んでいいか迷ってしまいました。
お味は評判通りかなりおいしかったですよ~。
子連れででかけたので数時間滞在でしたが、今年も充分楽しみました。
また来年も行きたいな^_^
e0106859_7492550.jpg
e0106859_750771.jpg
e0106859_7502622.jpg



スウェーデンではこの時期クリスマスマーケットが各地で開催されています。
こちらは私が暮らす町のクリスマスマーケットです。
私が住む町は地方都市(人口約5万人)ですが、小さいながらも県内の職人さんが作る手工芸品や食品などその土地のものが並びます。
通常、日曜日はお店も閉まり閑散としているのに12月に入ってすぐの第一アドベントの日曜日は大賑わいでした。
市庁舎前の広場には舞台ができて歌う人々、ポニーに乗る子供達、傍らに昔ながらの小屋を建てお店が開いていたりも。
クリスマスにいただく甘いおかゆやジンジャークッキーとグロッグ(ホットワイン)もこの時期欠かせません。
寒い屋外も暖かい食べ物でなんだかホッとしました。
子供だけでなく、大人もウキウキとしている人ばかりでなんともいえないムードなのです。
e0106859_7514250.jpg

e0106859_752159.jpg
(市庁舎内で県内の職人さんの作品が展示販売されていました)

田舎のクリスマスもなかなかいいものですよ。
12月は寒さに負けずクリスマス巡りをするのが私の楽しみのひとつです。
日照時間が短く、寒くて暗い12月ですが、クリスマスのおかげで暮らしている人たちは
明るく過ごすことができます。
残念ながら今年は暖冬で雪がありません。クリスマスの日までにはきっと窓から一面真っ白な景色を見ることができるといいなあと思っています。

このシーズンにスウェーデンにいらっしゃるなら、是非田舎のクリスマスマーケットまで足をのばしてみてはいかがでしょうか?
きっと何か楽しい出会いがあるかもしれませんよ~。

GOD JUL!(メリークリスマス!)
[PR]
by tittut | 2006-12-12 08:09

はじめまして

はじめまして。こちらでブログをはじめました。
毎日のスウェーデン暮らしの中で好きな物、事、所などを書いていきたいと思います。

ブログ名の”tittut!”(ティットゥート)はスウェーデン語で”いないいないばあ”
子供も大人も”いないいないばあ”をするときはなんだか幸せ気分になりませんか?
実は子育て中の我が家では毎日のようにこの言葉が聞こえてきます。
なので”tittut”に気持ちを込めて、
見たことないものを見れたときの悦び、
気がつかなかったことへの新たな発見、を日々探していきたいと思います。


このブログを通して北欧つながりの輪ができたらもっとうれしいです。^_^。
[PR]
by tittut | 2006-11-28 20:46